ダイナミックマニュアル

ダイナミックマニュアルは「PASSCELL」を使って、業務マニュアルを電子データ化し、フローで表現したものです。

ダイナミックマニュアルのメリット

業務の電子データ化とシステム化は別のことです。

業務手順の無理、無駄が発見できる。
バラバラに作製して後で繋ぎ合わせることができる。
マニュアルに書いた計算式に値を入れると実際に実行する。
計算結果を表で出力できる。
自分で修正できる。
使い捨て出来るので失敗がない。
文章で書かれたマニュアルより素早く読める。
ページからページにジャンプするので、危機発生時に一斉に参照先を変更できる。
写真や動画を貼り付けてノウハウの伝授をスムーズにする。
製品説明が無人化できる。
セット商品の組み合わせルールにしたがって新しいセット商品を構成する。
システム設計書として利用する場合は、開発工期を短縮する。
業務を完全自動化ではなく半自動化する事で、最大効率を得ることができる。
システムを製作したり、パッケージを購入しなければならない必要を半減できる。